FC2ブログ

alfa156dominica

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一斉銃検査に行ってきました

先日、平日の午前中に予約を取り「一斉銃検査」に行ってきました。

年に一度、使用実績と一緒に銃を所轄の警察署に持っていきます。

普通土曜日に行われますが、込み合う事が予想されたので事前検査で持ち込みました。

最近は以前に比べて厳しくなりまして、「実包等管理帳簿」なる物を作成しなさいとの事!

簡単に言えば、何処で弾を買って、どの銃で何処で撃って、何発残っているか、と言うことを書くだけです。

朝一で所轄の生活安全課に向かいましたが、2階にあるのでエレベーターで行こうと思いましたが、制服者が全員こちらに注目したので(笑)しかたなく階段で行きました(爆)

検査と言っても何て事無い、全長寸法を測るだけ?

実包等管理帳簿も見せたが、見たのかな!?使用実績を見せようとしたら「いらない」と言われた??

なんだ、随分と事務的だな?

次から次へと人が入って来る、検査がまるで流れ作業のようになってきた(笑)

しかも「寸法が少し違うけどいいや」なんて言っている!

えっ?いいんだ?不思議だ!

とりあえず許可証にハンコをもらって本日終了です。
スポンサーサイト

散弾銃 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<オオクワの蛹化! | ホーム | 予約済みの♂が無事に羽化しました!>>

コメント

はじめまして、塩川の田舎者と申します。
銃刀法と一口に言っても刀と銃では全然誓いますね。
自分は日本刀の方ですが、売買の手続きは簡単で所有者変更届けを郵送で送るだけでOK。新刀発見時のみ警察に持ち込み鑑定(サイズは銘など)をしてもらい、後は教育委員会に書類を提出で終わりですから。古い銃は一度古銃で殺人事件があり、それから(多分昭和50年代半)法律が改定され、蔵などから古銃が発見された場合でも警察に押収されるようになりましたし……。
2011-04-17 Sun 23:30 | URL | 田舎者 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
日本刀もやっていますよ(笑)
私、柳生新陰流の門下生です。
日夜、模擬刀を振り回しております。
真剣は宗家の許可がおりないとダメなのでまだ持てません。
塩川の田舎者様のお好みは古刀でしょうか?新刀でしょうか?新々刀かな?もしくは現代刀!
歴史ある刀を手にするとその刀の息吹が聞こえてきそうになりますよね。
柳生新陰流の諸先輩方は皆さん素晴らしい刀をお持ちで、憧れてしまいます。
初段審査に合格すれば私も歴史ある刀を手に入れたいと思います。
2011-04-18 Mon 18:05 | URL | alfa156dominica [ 編集 ]
こんにちは!
え!新陰流ですか(^o^)
宗家というと渡邊先生の「転会」様の方でしょうか?たしか4家(流派)ぐらいで新陰流を教えてらっしゃる所があったような…。自分も出来れば居合いではなく古武道の方をやりたかったんですが、新陰流は大阪・豊中の方で教えてくださる所があったのですが、時間的に通うのは無理だったので諦めました。(結婚して居合の方も辞めてしまいました)
刀は古刀が好きです、あの肌の色とか……クワ貧ですので買うのは無理っすけど(^^;)
今手元にあるのは、小刀が伝備前吉井(身幅がもう薄くなっています)、飛騨之守氏房(三代)、大刀は試しをしていたので現代刀(明治期作)の物を所持しています。
自分は武道というより、歴史の方が好きでそこから柳生藩に興味を持ち、厳長先生の「正伝新陰流」、「史料柳生新陰流」転会出版物数冊、筑波大の本などは読みました。武道用語に関してはほとんど意味不明(^_^;)でしたけど……。
そして、柳生藩の「紫ちりめん事件」を調べてたんですが、あまりにも史料がなくて(小説が1・2作あるだけ)、大正までは国家老の小山田の日記が残っていいた!までは分かったのですが、それから一歩も進まず……挫折しました(もう20年ほど前ですが)
2011-04-19 Tue 12:49 | URL | 田舎者 [ 編集 ]
私の流派は大日本大和柳生会「柳生新陰流兵法」です。
大阪を本拠地としていまして、私は埼玉川越支部の所属です。
宗家は第十六代、植木康之 氏です。
居合いではなくて、「兵法」を伝承しております。
全てが口伝ですので、書物は特にありません。
他の柳生新陰流と比べて「形」は随分違うと思います、兵法ですからね(笑)
見せる為の居合いではなくて、斬る為の兵法だと理解しています。
抜刀道に近いかも?(もしくは同じかな?)

刀は私も古刀が好みです。
室町末期の戦国時代あたりの備前長船祐定が欲しいですね。
斬れ味抜群で、何の飾りもいない直刃がまた素晴らしいです。

柳生新陰流を始めるきっかけは、やはり「業」の一つでも身に付けてないとダメだと思ったからです。
まだまだ修行の身ですが、頑張りたいと思います。
2011-04-19 Tue 19:32 | URL | alfa156dominica [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。