FC2ブログ

alfa156dominica

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ANBS-χ(カイ)

私の飼育方法である「ANBS」を少し改良しました。
新たに「ANBS-χ」と表記します。

ANBSとは、Alfa Natural Breed Systemの略です。
つまり、自然界と同じような環境でマット無交換で飼育してみましょう。
と、いうのが始まりでした。

しかし、マット業界からのご指摘もありまして改良する事となりました。
その理由としては、やはり二次発酵マットの劣化が思ったよりも早く、食べつくす前に泥化してしまうのが原因でした。
一次発酵マットを混ぜても結果は同じでした。


やはり、マット無交換は無理だったのかと諦めかけたのですが!

では、自然界では誰かがエサマットを交換しているのか?

否!

そんな事ある訳がない!

何かあるハズだと思い、考えた結果!

最初から沢山のマットを入れるのではなくて、その都度追加する形で「無交換」を実現してみる事になりました。

それが「ANBS-χ(カイ)」です。

詳しい方法は後日画像を入れて説明したいと思います。

結果は2年後ですが!

目指せ、ANBS-χで170mmUP!
スポンサーサイト

ヘラヘラ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<初令から始めるANBS-χ | ホーム | ヘラヘラブリード開始!>>

コメント

気になる実験ですね。
 
確かに、自然界ではマット交換などは、出来ないですよね。
でも、ケースがの中に、糞が、貯まってしまうのでは?
糞もバクテリアが、生息していますので、捨てがたいですよね。

私も真似をしてみようかな?
実験する幼虫は、沢山いますからね。
2011-05-01 Sun 20:46 | URL | ぱぱゴリラ [ 編集 ]
こんばんは、ご指摘の通りです。
糞の溜まり方を見ながらマットの追加となります。
したがって、大きなケースに最初は少しだけマットを入れる感じですね。
とにかく、触らずにストレスの無い様に飼育する事でしょうか!

是非ともやってみて下さい。
場所はかなり取りますけどね(笑)

今回はかなり大雑把ですが、実際はもっと細かい仕様になっています。
初令と3令でまた違いますしね。

また今度詳しく載せますので、楽しみにして下さい。
2011-05-01 Sun 22:36 | URL | alfa156 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。